アレグラで花粉症の症状を緩和

花粉症の症状を緩和する薬として人気があるアレグラですが、CMに人気アイドルを起用して大々的に宣伝を行っていることもあり安全性が高い花粉症の症状を緩和する薬=アレグラという認識をしている人も多いと思います。
知名度として一番有名な薬と言っても過言ではないほどメジャーな医薬品の1つでもあります。

しかし、実のところ何故アレグラがかゆみや鼻水などの症状を緩和してくれるのかわかっていないと言う方は多いのではないでしょうか。
またCMでやっているから知っている、有名だから名前だけは聞いたことがあるという方も多く、実際は何の薬かよくわかっていないという方もいらっしゃると思います。
そこで今回はCMでも有名で安全性の高い医薬品であるアレグラについてそのメカニズムとともに詳しくご説明していきたいと思います。

まずアレグラは抗ヒスタミン薬と呼ばれる医薬品です。
抗ヒスタミンとはヒスタミンの働きを抑える作用があるという意味であり、このヒスタミンこそが花粉症などのアレルギー反応と深く関係している物質なのです。

では、どのような関係があるのかというとヒスタミンはそのものだけでは何も害はありませんがヒスタミンが体の中でH1受容体と呼ばれるヒスタミン受容体と結合することにより花粉症などのアレルギー症状が発生します。

ヒスタミンがヒスタミン受容体と結合することによって化学物質が発生し、脳に信号が伝わります。
この信号が脳に伝わり脳から電波信号がでることで目にかゆみを発生されたり、鼻から鼻水を出すなどのアレルギー症状が体中で起こります。
つまり、言い換えればヒスタミンがヒスタミン受容体と結合しなければ脳に信号が伝わることがなく花粉症などの症状が出ることがないということが言えるのです。

とはいえ、ヒスタミンとヒスタミン受容体はとても仲が良く自然にしていると必ずこの2つは仲良く結合してしまいます。
そのため、ここで抗ヒスタミン薬の登場です。
アレグラはヒスタミンがヒスタミン受容体に結合するのを阻害する医薬品です。
そのため、ヒスタミンがヒスタミン受容体と結合できないので花粉症などのアレルギー症状も出ることがないのです。

また、アレグラはヒスタミンの結合を阻害する以外の作用はありませんので、安全性がとても高いという事があげられます。
そのため、アレグラは花粉症の症状を抑えるのに安全性が高く効果が高いということが言えるのです。

アレグラの補足情報

アレグラの詳細情報はこちらのサイトをご覧下さい。
詳しく記載されています。

アレグラはダニやハウスダストのアレルギーにも効く

さてここまで、アレグラがどのような作用をするのかご説明してきましたが、ヒスタミンとヒスタミン受容体の関係を説明する中でアレグラにはアレルギー症状を抑える作用があるということを説明しました。
つまり、実はアレグラを飲むと花粉症以外のアレルギー症状を抑えることが出来るのです。

テレビCMでは花粉症をメインに説明していますが、花粉症もアレルギー反応の1つであり、他のアレルギー反応であるじんましんやアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの各種アレルギー反応も実はヒスタミンが関与しています。
そのためアレグラを服用することでこのような反応を鎮める効果が期待できるのです。

また、アレグラはそれ以外にもダニやハウスダストなどのアレルギーにも確実に効果を発揮することが出来ます。
ダニやハウスダストのアレルギーもヒスタミンが関与しており、鼻などから体の中に入ることで体が反応し咳やかゆみ、鼻水などの症状が出ます。
この作用に関してもヒスタミン受容体とヒスタミンが結合しなければ症状を抑えることが出来るため、アレルギー反応をとめることが出来ます。

このように抗ヒスタミン薬であるアレグラは花粉症の症状を抑えるのに安全性が高く確実性が高い有能な薬であるとお伝えしましたが、それ以外にもダニやハウスダストをはじめとしたアレルギー症状に悩んでいる方にも効果を発揮してくれますので、このような症状があり悩んでいる方は一度アレグラを飲んでみると症状が緩和される可能性が高いということが言えます。

このようにさまざまなアレルギー反応に効果を示す安全性の高いアレグラという医薬品はアレルギー反応に悩んでいる患者さんの救世主にもなりえる薬だと言っても過言ではないと思います。