子供のアレルギー性鼻炎とは?症状や治す方法

ハウスダストや花粉が原因で鼻粘膜が刺激されて炎症を起こす病気をアレルギー性鼻炎と言います。両親が症状を持っている場合には高い確率で子供も発症します。小学生以降くらいから発症すると言われていたアレルギー性鼻炎ですが最近では低年齢化が進んでいて2歳3歳くらいで花粉症になる子供もめずらしくはなくなりました。

アレルギー性鼻炎の症状は?

アレルギー性鼻炎は発症しても命に関わるような大病ではありません。とはいえ、くしゃみや鼻水・鼻づまりといった症状は日常生活に大きく影響します。鼻が常にかゆいと授業にも集中できません。鼻をほじったりいじったりするため鼻血が出てしまうこともあります。乳幼児で発症してしまった場合には鼻が詰まってミルクがうまく飲めず、常に泣いているので親子共に参ってしまうでしょう。

子供の症状は?

特に子供のアレルギー性鼻炎は大人と比べてくしゃみよりも鼻づまりが多くなる傾向にあります。風邪の初期症状と似ているけれどいつまでも続き、目を掻いたり目が充血したりといった症状が見られるのであれば病院で専用の薬を処方してもらいましょう。小さい子だと症状をうまく伝えられず悪化させてしまうことも少なくはありません。
アレルギー性鼻炎の発症は自律神経と深いかかわりを持ち、副交感神経の働きが活発になった時に特に出やすくなります。そのため朝夕に特に激しく現われます。

今すぐできる予防法

花粉などが原因であればできるだけ入れないようにする・ハウスダストが原因ならこまめなお掃除を心がける、など予防に努めてください。ペットが原因のこともあります。病院に行くことでアレルゲンを特定することにもつながります。過ごしやすい環境を作ってやるようにしましょう。バランスの良い食事や適度な運動も免疫力を高めてくれます。完治は難しいですが、毎日の心がけで症状の緩和・発症予防をすることはできるのです。

子供のアレルギー性鼻炎の治療はジルテック

子供がアレルギー性鼻炎を発症した場合に処方されるのがジルテック錠です。主成分はセチリジン塩酸塩です。セチリジンにはヒスタミンH1受容体拮抗作用があり、アレルギーの発症に関与するヒスタミンの受容体をブロックしその働きを抑えてくれるのです。その他にも蕁麻疹や湿疹・アトピー性皮膚炎などにもジルテックが処方されることもあるでしょう。
ちなみに、ジルテックは対症療法薬です。アレルギーの原因そのものを治すことはできません。服用をやめればまたヒスタミンが活動を始めるためアレルギー症状は出てくるでしょう。花粉が飛び交う時期や乾燥する冬場など症状の起こる時期に服用することで、鼻水や目のかゆみといった症状に効果を発揮してくれるのです。
セチリジンの効果作用については外部のサイトでも掲載されているので参考にしてください。
→セチリジンの概要を見る

ジルテックにはシロップタイプも存在する

子供の場合は飲みやすいようにドライシロップの状態で処方されます。ドライシロップになっても成分は同じのため効果は同じです。ジルテックはヒスタミン需要体位対する選択性が高く、口の乾き・排尿障害といった副作用がほとんど見られません。脂溶性が低くて服用しても脳までは入っていきにくいことから眠気などの副作用も少なめです。そのため小児に対しても使いやすいのです。とはいえその歴史は浅く、小児への正式な効能と用法用量が認められたのは2009年のことです。

ジルテックを使用する前に注意すべき点

副作用は少なめとはいえ喘息の治療薬・テオドールなど飲み合わせの悪い薬もあります。医師の指示の元で正しく服用しましょう。人によっては眠気をもたらしたり、集中力・注意力が低下してしまうこともあります。学校生活に差しさわりが出てくるというのであれば違った薬を考えた方がよいかもしれません。
すぐに効き目は出てくるものの、十分な効果が現れるまでは数日程度かかる場合もあります。毎年同じ時期に症状が出てくるのであれば早めに病院で処方してもらった方がよいでしょう。