花粉症による目の痒みを抑える目薬

花粉症による症状のひとつとして目の痒みがあります。
軽度の場合には軽い目の痒み程度で済みますが、重度の場合には痒みや涙によって日常生活に支障を来すケースもあります。
このような目に表れる花粉症に対しては対策が必要です。

花粉症そのものは花粉が粘膜に付着することで発生します。
粘膜は皮膚と異なり、異物が体内に侵入する場所でもあり、皮膚よりも免疫作用が強く働きます。
花粉の多くは呼吸によって体内に入るため鼻の粘膜がもっとも症状が出やすいですが、目も花粉が付着しやすい場所であり、特に裸眼の人はその傾向が顕著です。

目の花粉症の症状としては、目のかゆみですが、このほか、アレルギー反応によって充血、目やにの増加、痛みや異物感、涙、灼熱感、さらにはまぶたの腫れといった症状が発生します。
これらはアレルギー性結膜炎と呼ばれるものです。
アレルギー性結膜炎は異物が目に付着することで発生し、ハウスダストやダニなどでも発生します。
ただ花粉症の場合には花粉が飛散するシーズンのみに発症するので季節性アレルギー性結膜炎と呼ばれ、花粉に限らず見の周りのハウスダストやダニなどが原因のものは通年性アレルギー性結膜炎と呼ばれます。

いずれにしても花粉の飛散シーズンになると花粉症の症状が出るような場合には事前の予防対策が重要です。
基本的には花粉が付着しないようにマスクやメガネで予防することですが、それでも付着してしまう場合には抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などを用いて症状を緩和することになります。
また花粉症を発症していない人でも、ある日突然発症する可能性もあります。

アレルギーが発症する仕組みとしては、アレルギー物質が粘膜に付着するとIgE抗体が作られます。
このIgE抗体が肥満細胞と結合すると、ヒスタミンなどの免疫反応を起こす物質を放出し、ヒスタミンなどが知覚神経や血管に作用することで花粉症の症状を発症します。
軽度の人はIgE抗体と肥満細胞の結合が少ないことを意味しますが、これが一定量を超えると花粉症の症状が重症化します。

市販薬でも目の痒みを緩和できる

目は臓器の中でも唯一、身体の外と接触しているものであり、そのため絶えず傷が付きやすく、このため保護能力が強いものです。
このため目の表面的な問題に対しては目薬で対処することができます。
目薬は市販薬でもさまざまな種類が売られており、特に痒みを抑える成分が含まれている市販薬は花粉症対策の目薬として売られています。
また病院で診察を受けた場合においても目薬が処方されます。

花粉症対策としての目薬としては抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬が含まれたものになります。
抗ヒスタミン薬にしても抗アレルギー薬にしてもアレルギーの反応を抑えることによってその症状を緩和するというものです。
通常の目薬であっても異物である花粉を洗い流す効果があるので、痒みなどの症状を緩和することができます。

一方で市販薬では清涼感をもたせたものもあり、刺激が強いことがあるので注意が必要です。
花粉症に対応する市販薬の目薬の価格としては、低価格なものでは700円から1000円までですが、特に効果の高いものでは2000円前後します。

価格の違いは含まれている成分の違いとも言え、高価なものほど効果が高いのが特徴です。
ただ低価格のものでも軽度の花粉症の症状では十分に効果があるので、症状に合わせて選ぶことが重要です。

なお、2000円前後するような目薬の場合には抗ヒスタミン成分が2倍程度含まれているのが特徴で痒みの症状を素早く鎮めてくれます。
またこれらは病院で処方される目薬と同等の効果があります。

なお、市販薬でも目の痒みを十分に緩和することができますが、用法用量を守ることが重要です。
量を多く使っても効果が増えるわけではありません。
また定期的な点眼が効果的です。
またコンタクトレンズを着用したまま点眼することはできませんから面倒でもコンタクトレンズを外した状態で点眼し5分後ぐらいに装着する必要があります。
特に効果の高い目薬の場合には成分が濃く含まれているので眼圧上昇のリスクがあることに留意する必要があります。